女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽ
でした。鳩こんろ作品ネタバレ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした10話

10話 昨日のエッチを思い出して大家さんが自分で弄ってる

 

今すぐ女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたを読む
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

 

以下ネタバレ情報です★
翌朝、
由紀と丹生に挟まれて寝る壮介。

 

左腕には由紀の大きなオッパイが密着!
右腕には丹生のおっぱいが絡みつく。
こんな状態で眠れるわけねーだろ!!

 

がっしり掴まれてて起きにくい・・・。
全ては2階の女の子が落ちた天井穴が原因。

 

2人の美女とエッチ出来るのは良かったけど、
こんな生活いつまでつづくんだぁ!?

 

由紀が抱き着いた左腕を抜こうとすると
由紀のおっきな生オッパイがポロリ!
そんなボンボン乳出しやがって!!

 

触ってくださいって言ってるようなもんだぞ
マジで!地獄かここは。

 

由紀が目を覚ます。

 

おはようございます。
おはようございますじゃないわよ、この変態!
私が寝てる間に何かしてないでしょうね!!

 

冤罪だ!俺はやってない!!

 

2人ともお楽しみの所、悪いんだけど
相川さんも私も、そろそろバイト行く準備
しないとヤバイですよ。

 

やっべ、朝ごはんは抜きっス、遅刻する!

 

バイトに向かう道中、
ほんとに手出してないの〜相川さん?

 

お前に言われるとか余程信用ないんだな。
(実際は手を出しまくっているのだが・・・。)

 

そう言えば丹生さん今日しんやまでだっけ?
うん、相川さんは夕方までだよね。

 

財布を忘れたことに気づいた壮介。
やっべぇ、財布忘れた。
普通忘れないでしょ。

 

一度家に戻る壮介。

 

一方家では由紀が・・・。
全く相川君、出したら出しっぱなしなんだから!
片づけるのいっつも私なのよ、もう。

 

押し入れの中にしまおうとする由紀。
壮介とのエッチのことを思い出してしまった。

 

由紀は、あの時のことでムラムラしている。
そして、服を脱いで一人でオナニする。

 

はぁ、だめ、自分でエッチな事は禁止したのに。
自分のアソコに手を入れる。

 

こんないやらしい自分、見たくない。でも・・。
相川君のせいで。
全部、相川君のせいなんだからぁ。

 

由紀の頭の中は、壮介のことでいっぱいだった。

 

そこに、壮介が帰ってくる。
由紀さん、何やってるんですか!?

 

な、なんで・・・!?
突然の帰宅に 焦る由紀。

 

今すぐ女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたを読む
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

10話感想


2人の女の子にはさまれて寝る壮介!
うらやましすぎです。
オッパイが腕に当たって・・・。

 

この状況なら3Pも簡単に出来るだろ!!
ボロアパートでうらやましすぎの展開です。

 

財布を忘れて家に戻る壮介、
家では由紀が一人でオナっていた。

 

これはまたヤれると思う壮介!

 

>>女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽ
>>でした。 11話ネタバレへ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした
試し読みはコチラ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした
の試し読みは、コミなびで完全無料です。

>>コミなびで今すぐ読む

inserted by FC2 system