女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽ
でした。鳩こんろ作品ネタバレ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした 6話

6話 布団の中は熱気ムンムン…バックで突きまくり!もう声漏れまくり!

 

今すぐ女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたを読む
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

 

以下ネタバレ情報です★
丹生と布団の中でエッチする壮介。
寝相の悪い由紀さんが2人がエッチしている
布団に思い切り手を当てて来た。

 

まずい、このままじゃホントにバレる。
でも最後まではもう少し、
丹生も止めないでと言ってきた。

 

こりゃ最後までいくしかない!
壮介は丹生の後ろから強烈なピストン
をカます。もう止まらん。

 

すまない由紀さん、
これっきりで終わりにするから、
目を覚まさないでくれ!!

 

よし、気づかれずに終わった・・・。
ほら早く帰らないと今の状態でも
見られるとマズイ。

 

あの、また今夜みたいに会いに来てもいい?
そ、その顔はずるい、断るに断れない。
か、考えておくよ・・・。
なんとかごまかした壮介。

 

翌朝、

 

ん、なんだ、なんか柔らかい感触。
壮介は、大家・由紀のオッパイをわしづかみ
していた。目を覚ます由紀。

 

思いっきり由紀に殴られる壮介。
寝ぼけてたとはいえ、あんまりよ!
すみません・・・。

 

由紀が壮介の布団に入りこんできたのに・・。
着替えるからこっち見ないでくださいね。

 

丹生さんとは本当に恋人同士じゃないん
ですか?
ち、違いますよ。 (昨日のバレてる?)

 

このあいだのは偶然が重なって・・・。
とにかくそういうのじゃないです!

 

そうですか。
ほっとする大家の由紀。

 

それより朝ごはん食べますか?
外食だけだと身体に悪いし。

 

どうやら昨日のことはバレていないらしい。
意外と順調に由紀さんと仲直り出来そう。

 

安心する壮介、しかし・・・。

 

相川君、これ誰の?
由紀が丹生のパンツを持って問いかけてきた!

 

今すぐ女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたを読む
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

6話感想


なんとか大家の由紀さんにバレずに丹生
とのセックスが終わりました。
とてもハラハラドキドキのシーンでした。

 

ホッとする壮介ですが、丹生がパンツを
忘れて焦ってしまいます。
大家の由紀さんが見つけてこれはどうみても
女の子のパンツと怪しんできます。

 

壮介は、このピンチをどうやって乗り切る!?
次話が楽しみです。

 

>>女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽ
>>でした。 7話ネタバレへ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした
試し読みはコチラ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした
の試し読みは、コミなびで完全無料です。

>>コミなびで今すぐ読む

inserted by FC2 system