女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽ
でした。鳩こんろ作品ネタバレ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした 7話

7話 あの子にバレないように…押し入れに隠れて大家さんをクリクリ!

 

今すぐ女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたを読む
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

 

以下ネタバレ情報です★
一体これは?
丹生のパンツを持った大家の由紀さん。
丹生が忘れて行ったパンツ。
これはヤバい!

 

どういう事なんですか、相川君!?
大家の由紀さんが強く問いかけてくる。

 

何でパンツ忘れてんだよ、丹生さん!

 

ピンポーン!
突然のベルに驚いて布団のシーツで足を
滑らす由紀さん。壮介にぶつかり2人とも
倒れこんだ。

 

その衝撃で、由紀さんのパジャマとブラが
取れて綺麗な巨乳がポロリ・・・!!

 

丹生さん、こんなときに!

 

いないのかな、声がしたからいると思ったのに。
昨日忘れ物しちゃったから、ちょっと中に
入れてくれませんか?
上から行ってみよ。

 

ヤバい、今の状況を見られたら色々
面倒な事になる・・・。

 

丹生が2階の空いた穴から入ってきた。
しかし、そこに壮介と由紀の姿はない。
壮介と由紀は、押し入れに隠れていた。

 

相川君、何で押し入れに隠れるの?
あんな状況見られたら変に誤解されて
しまうでしょ。

 

嘘、本当は隠れるのはやましいことが
あるからでしょ!
しっ、静かにしてくださいよ。
パンツの事直接丹生さんに聞いてくる。

 

とにかく今は静かにしてもらわないと。
壮介は、キスをして由紀の口をふさぐ。
舌を絡ませながら。

 

由紀の乳首がずっと俺の腕に擦れてくる。
ずっと、擦れてて何か変な感じ。

 

うーん、見つかんないなぁ、
お気に入りのパンツだったのに。
部屋の中を探す丹生。

 

壮介と由紀は押し入れの中でエッチ中。
ダメだ、由紀さんにエロいことしたくなってきた。

 

由紀の乳首をクリクリと・・・。
感じまくる由紀、やっぱりこの子色っぽい。

 

ガタッ!
大きな物音を立ててしまった。
丹生に気づかれてしまう。

 

今すぐ女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたを読む
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした

7話感想


押し入れの中に入る壮介と大家の由紀さん!
部屋の中には丹生がウロウロしてるのにこんな
状況でセックスするとはすごい度胸です。

 

こんな状況でセックスするか!?
大きな音を立ててしまい丹生に気づかれて
しまいます。この局面をどう乗り切るか?

 

押し入れの中なので見つかったら終わり!

 

>>女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽ
>>でした。 8話ネタバレへ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした
試し読みはコチラ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした
の試し読みは、コミなびで完全無料です。

>>コミなびで今すぐ読む

inserted by FC2 system